• ホーム
  • 外れドメインを購入しないためにはどうすべきか

外れドメインを購入しないためにはどうすべきか

色々なSNSアイコン

中古ドメインを使用する事がいくらSEOにとって効果的だと言っても、中古ドメインの全てが使える物ではありません。
中には外れドメインと呼ばれるあまり価値の高くないドメインも存在します。
こうした事情は中古車や中古住宅を購入する時と同じだと言って良いでしょう。
良い家だと思って購入して住んでみたら、意外と不便だったりあちこちが壊れやすかったりという事はよくあります。

外れドメインというのは、要するに使用しても検索エンジン最適化の役には立たないドメインの事です。
すなわち評価が低く上位に押し上げるのに苦労したり、ペナルティを受けているためにそもそも検索対象から除外されていたりする、などの理由があって役には立たないのです。

では、なぜこのような事が起こるのでしょうか。
それには購入した中古ドメインの運用歴が関係しています。
検索エンジンは常に良質なコンテンツのみを表示しようとするため、不正を行っているサイトや違法なサイトにはペナルティが与えられます。
過去にペナルティを受けている場合、検索のインデックスの対象からは外されてしまいますし、ペナルティを解除してもらうためには期待出来る効果以上の手間がかかってしまうことになります。

こうした失敗を避けるためには、ドメインの運用歴を調べて不正行為や違法行為に使われていなかったかどうかを調べる必要があります。
よく考えずに値段だけに魅かれて悪質な中古ドメインを購入してしまうと、SEO対策としては全く役には経ちません。

また、ペナルティだけでなく被リンクの質も問題です。
信頼性・専門性の高いサイトから被リンクを受けているドメインであれば、それは当たりだという事になります。
しかし、場合によってはマルチのサイトやアダルトサイトからの被リンクが張られている場合もあります。

こちらも外れドメインを引いてしまった失敗の一例だと言えるでしょう。
こうしたケースでは、運営中の自サイトに流入してくるユーザー層の質も相対的に低下してしまう事になるのです。
被リンクの質が良くないと、場合によっては炎上やトラブルを招いてしまうリスクがあるので注意して下さい。

ドメイン購入の失敗を避けて当たりのドメインだけを引くためには、事前にドメインの運用歴をよく調べる事が欠かせません。
ウェブサイトのキャッシュを保存しているサイトを参照して、外れドメインか当たりドメインかをよく見極めるようにしましょう。