• ホーム
  • 危険なブラックハットSEOはデメリットの方が大きい

危険なブラックハットSEOはデメリットの方が大きい

SEOに関心がある人であれば、ブラックハットSEOという言葉を一度くらいは耳にした事があるのではないでしょうか。
ブラックという言葉が付いている事から分かるように、これは検索エンジンから見てあまり適切ではないSEO対策の事を指しています。
これと対照になる言葉はホワイトハットSEOです。

ウェブマーケティングの世界では、このブラックハットSEOが絶対に避けるべき物として周知されるようになって来ています。
なぜなら、こうした不適切な手法を用いてサーチエンジン最適化を行った場合、肝心のサーチエンジンの検索対象から外されてしまうなどのペナルティを受けてしまうからです。
中古ドメインの中にはこうした不適切なSEOを行って検索順位が付かなくなっている物も多いので気を付けましょう。

では、具体的にブラックハットSEOとはどのような物を指すのでしょうか。
検索エンジンのアルゴリズムは日々進化しているので、あくまでも現在の基準でという事になるのですが、例えば隠しテキストを使ってサイトとは無関係のキーワードを埋め込む事や、強制的に他のサイトにリダイレクトさせるような行為がブラックハットに当たります。
その他、リンク購入によって不正に被リンクの数を増やす事などもブラックハットのなかに含まれます。

もし検索エンジンのガイドラインに違反してしまった場合には、先述のようにペナルティを受けて検索結果に反映されなくなったり、評価を下げてサイト順位を落とすことにつながります。
このように、ガイドラインに違反するような手法を用いることは危険です。

サテライトサイトも関しても同様で、使い方次第ではサテライトサイトはとても便利な物なのですが、あまりにも節操なくリンクを張っていれば検索エンジンからはスパムだと見なされています。
スパムサイトのような使い方をしていると思われないために、サテライトサイトについてもしっかりとしたコンテンツを掲載するようにした方が良いでしょう。
例えば、本サイトには商品の説明を置きサテライトサイトには体験談を掲載する、といった形であればブラックハットSEOだとは見なされません。

一度ペナルティを受けてしまえば、解除してもらうのは大変な手間ですから、くれぐれも気を付けるようにしましょう。
ネット上にはブラックハットの手法をまとめているサイトも存在するので、そうした情報も参考にしてみて下さい。
やはりSEO対策には地道な努力が大切だと言えます。