• ホーム
  • 中古ドメイン購入後のサイトのHTTPS化は必須案件

中古ドメイン購入後のサイトのHTTPS化は必須案件

中古ドメインに限らず、ドメインを購入した後に必ずやっておきたい事の一つがサイトのHTTPS化です。
HTTPS化は常時SSL化とも呼ばれ、暗号技術のSSLをサイト全体に適用する事を言います。
常時SSLという言葉を聞き慣れていない人も多いかも知れませんが、これが設定されていないサイトは現在ではブラウザで表示する際に注意喚起の表示が出てしまうため、利用者の利便性を損ねる可能性があります。

常時SSL化は無料で出来るサーバーもありますが、場合によっては別途料金が発生してしまう事もあります。
サイトがHTTPS化されていないと、利用者が不便なだけでなく、検索エンジンでの順位も上がりにくくなります。
HTTPS化の設定はサーバーの設定画面から行うことになるのですが、サーバーによって手順は異なってくるため、詳しい説明はここでは割愛します。

ですが、HTTPS化によって何が変わるかを簡単に説明すると、サイト内のコンテンツのアドレスは全て先頭がHTTPSになります。
実は、この部分をHTTPにしても同じようにコンテンツが表示されるのですが、その場合には暗号化は適用されません。

ですから、サイト内バナーなどでトップページへのリンクが張ってあれば、ここに書かれているアドレスも必ず変更するようにしましょう。
同様に、サテライトサイトを持っている場合には、こちらのリンクURLも変更するようにします。

現時点では、常時SSL化を行っていないサイトでも、常時SSL化をしているサイトに比べて検索エンジンでの評価が下がるという事にはなっていません。
しかし、検索エンジン大手のGoogleでは、サイトの常時SSL化を強く推奨しているので、この事が検索順位にも影響するようになるのは時間の問題でしょう。
HTTPS化の対策はなるべく早い段階で済ませておいたほうが得策だと言えます。

もう一つ問題となって来るのは、ユーザーが従来通りHTTPから始まるアドレスでアクセスして来た場合です。
こちらへの対策としては、.htaccessを使って新たなアドレスへ301リダイレクトさせるやり方が有効です。
301リダイレクトを設定しておかないと、内部リンクを相対パスにしている場合には、ユーザーはそのまま暗号化されていないサイトを見続けてしまうことになります。

また、GoogleAnalyticsとサーチコンソールのURLもHTTPSにしておかないと、ユーザーの評価を確認する事が出来ませんから、これも早めに設定しておきましょう。