• ホーム
  • 中古ドメインを買ったけれどインデックスされないのはなぜ?

中古ドメインを買ったけれどインデックスされないのはなぜ?

カーソル

当たりドメインをどうやって選ぶか、外れドメインをどうやって避けられるかはだいたい分かっていただけたと思います。
しかし、せっかく中古ドメインを買ったのに検索エンジンにちっともインデックスされない事もあります。
中にはリスク覚悟で外れドメインを購入する人もいるかも知れません。

こうした場合にはどんな事が影響しているのでしょうか。
一言で言って、その理由としては、購入したドメインが検索エンジンからペナルティを受けたために、クローラーの評価対象から外されてしまっている可能性が高いです。
外れドメインをそのまま使い続けることは、SEO面への悪影響が大きいので十分に気を付けなくてはいけません。

過去にそのサイトがペナルティを受けていたかどうかを確認するにはいくつかの方法がありますが、必ず分かるとまでは言い切れません。
唯一確実な方法としては、過去のオーナーがGoogleのサーチコンソールにドメインを登録していたのであれば、その画面を見て確認する事が出来ます。

サーチコンソールを使用するには、事前にGoogleのIDを取得しておく必要があります。
サーチコンソールの画面を開き、「プロパティを追加」をクリックすれば、調査したいドメインを登録する事が出来ます。
登録が無事完了したら、「手動による対策」のメニューを開きましょう。
手動によるスパム対策がなされたサイトであれば、ここにその事の表示があります。
また、ウェブマスター向けのメッセージにスパムに関する警告のメッセージが残っている場合もあります。

SEO上の理由としては、外れドメインはなるべく避けるのが妥当です。
ですが、それでも意図せずに悪質な中古ドメインに当たってしまう場合もあります。
そのような場合には、同じくサーチコンソールからGoogleへ再審査リクエストを送りましょう。
しかし、ペナルティを解除しようと焦って何度も再審査リクエストを送ってしまうと、逆にその事が悪意のある行為だと見なされる可能性もあるので注意して下さい。

無事に再審査が通れば、Fetch as Googleを使ってクローラーへのインデックス促進の依頼をする事が出来ます。
Fetch as Googleというのは、サーチコンソールと同じくGoogleの用意しているウェブマスター向けのツールです。
SEO対策でもよく使用されるツールですから、こちらも使い方を覚えておくと良いでしょう。