• ホーム
  • ドメインチェックツールを使うならこれがおすすめ!

ドメインチェックツールを使うならこれがおすすめ!

優良ドメインを購入しようと考えているのであれば、事前にチェックツールを使って被リンク数などの状態をチェックすると良いでしょう。
ドメインチェックをしてくれるツールには多くの種類があり、主なものとしてはMajestic、Ahrefs、MOZといったものがあります。

使えるツールの多くは有料となっていますが、中には無料で使える物も存在します。
また、基本有料のサービスであっても何回かは無料で試すことが出来るため、どのサービスを使用するかは実際に使ってみて判断すると良いでしょう。

まず、チェックツールの中でも双璧をなすのがAhrefsとMOZです。
とくにAhrefsはSEO業界でも最大手の規模を誇り、全世界で60万人以上のユーザーを抱えています。
一方のMOZも評価が高く、ドメインパワーを解析するための様々な機能を持っています。

Ahrefsは月額99ドルから使用する事が可能で、ドメイン全体や指定したURLのみという単位で、独自の検索順位や被リンク数などを調べることが出来ます。
調査対象のサイトが検索上位にランクインするキーワードの数や、その際のアクセス数、参照元IPの偏りといったより細かなデータも調べられます。
何よりも使い方が簡単なので、SEO対策においては非常に便利なツールの一つです。

一方のMOZからはいくつかのツールがリリースされているのですが、現在の被リンク調査ツールはまだβ版となっています。
しかし、調査能力に関してはAhrefs同様高く、何よりもドメインの資質をDAとPAという二つの指標で簡単に把握出来るという利点があります。
細かなデータを分析しなくても、ドメインの価値が分かりやすい数値で表されるので、これから探したいと考えている場合には最適です。

これら二者と比較するとMajesticはやや正確性の点では見劣りがします。
ですが、被リンクに関しては、参照元の調査まで行って被リンクの質を判断してくれます。
AhrefsやMOZの場合参照元については自分で調べなくてはいけませんが、被リンクの質を調べてからドメインを購入したいと考えているのであれば、これはとても便利な機能だと言えるでしょう。

その他のツールや無料のサービスは、この三つと比較すると機能面や信頼性の点ではやはり劣っています。
しかし、そのドメインがどの国で使用されていたのかを調べたい時には、IP情報を調べれば分かります。
安全性をとりあえず確認したいだけの時には、こうしたサービスを利用して不要な候補をはじくことが出来ます。